不整脈 治療 食事

不整脈の治療では食事も大切と言われている

スポンサーリンク

私達の心臓は規則正しく動いていますが、不整脈は脈拍が正しく打たれない状態を指します。
不整脈の中にも心臓が原因となっていて治療が必要なタイプからストレスや運動、年齢などによる一過性のものなどタイプは様々です。
ですからそれぞれの原因に応じた治療を行う事が大切となります。
一般的に心臓が原因の場合は狭心症や心筋梗塞が挙げられています。
これらの疾患の場合は薬物や手術といった治療が必要となる事が多いと言われています。
しかし症状が軽い場合は自覚症状がない事もあるので注意が必要です。
心臓以外にも甲状腺や肺に疾患がある場合は不整脈が見られる事があります。
また50代以上の方は日常生活において1日に1回から2回は脈が乱れるといったデーターもあり、その割合は高齢になる程高くなると指摘されています。

スポンサーリンク

不整脈の一般的な治療方法は薬物療法や外科的手術、生活習慣の改善などです。
日本においては脈が遅い場合に使用されるペースメーカーを植え込む人が年間約4万人といったデーターも出ています。
また薬物においては併用して食事療法が行われる事が多いと言われています。
食事において大切な事は塩分と脂肪の摂取を控える事です。
塩分の過剰摂取は血圧が高くなりやすく、脂肪の過剰摂取は動脈硬化になる可能性が高くなります。
国の基準でも一日の摂取量が定められおり、現在は疾患に対する料理の本も出ています。
実際に食事療法を取り入れている方からは本は参考になったという声も多数届いています。
不整脈は原因を把握し適切な治療を行っていく事が大切です。

スポンサーリンク