不整脈 予防 食事

不整脈の予防には食事の工夫も役立ちます

スポンサーリンク

不整脈は比較的多く見られる体の異常です。
背景にはストレスや自律神経の乱れなどが関わっていることが多く、特に健康状態に問題がない場合にも起こります。
こういった不整脈を予防するためには、実の所食事を工夫することも有効です。
自律神経の乱れを招くカフェイン飲料の摂取や糖分の多い食事などを避けることで、ある程度不整脈を予防することが出来ます。
自律神経の乱れは、精神状態が不安定になると起こりやすくなります。
ですので、日頃から精神的な安定を保つことが不整脈を予防する一つの方法です。
心を穏やかにする食材を積極的に取り入れることで、脈の乱れを起こしにくくなります。
リラックス作用がある乳製品やカルシウムが多く含まれる食材は特に効果的です。

スポンサーリンク

不整脈は、心房細動と呼ばれる心臓のトラブルが原因となっていることがあります。
心房細動は特に肥満傾向のある方に起こりやすいのが特徴です。
従って、ある程度の年齢に達したら、極端な高カロリー食は避けた方が無難と考えられます。
動脈硬化などを併発していると場合によっては血管が詰まりやすくなり、血栓性の病気にもかかりやすくなることが問題です。
このような状況を避けるためには、血液の流れを良くする青魚や納豆などを適宜食事に取り入れることが必要となります。
特に中高年世代においては、様々な病気が複合的に悪影響を及ぼしやすいのが厄介な点です。
ですので、バランスのよい食事を意識して、適正な体重を維持することが求められます。

スポンサーリンク