不整脈 発作 対処

不整脈の発作が起きたときの対処法について

スポンサーリンク

不整脈は心臓の鼓動がすごく速くなったり、遅くなったり、リズムが乱れるものです。
脈が速くなるような発作が起きると血圧が低下して失神してしまう時があります。
このときの対処法としては、立っていて意識を失い倒れることを避けるため、なるべく横になるようにします。
仰向けで背中の下に座布団など置いて上体を少し起きるような体勢にし、心臓に負担をかけないようにして落ち着くまで安静にします。
突然脈拍数が速くなり、動悸を感じる最も多い不整脈に発作性上室頻拍があります。
この時の対処法に「息こらえ法」や「頸動脈圧迫法」が知られています。
息こらえ法は十分な吸気の後、鼻を閉じ10〜15秒息を止めて息む方法で、頸動脈圧迫法は左右同時に行なうと除脈や心停止の危険があるため原則として片側だけ行ないます。
両者ともに改善することは少ないとされています。

スポンサーリンク

高齢化社会と共に脈のリズムが乱れる不整脈である心房細動が増えてきています。
心房が小刻みに動き、痙攣するように動きます。
加齢が原因なので誰にでも起こる可能性があり、一生のうち4人に1人は心房細動になるといわれています。
一般に3人に1人は自覚症状がでませんが、心房から心室に伝わる電気の割合が突然増えてしまうため、心拍数が上がり、血圧が下がって息苦しい症状がやすくなります。
発作が続いて苦しい場合は、無理して動こうとはせずに安静にして心拍が治まるのを待つことが大切です。
脈が遅くなる不整脈の場合は、脈が毎分40回以下になってしまったり、5秒程止まってしまうケースがあります。
この時は脳に流れる血流も停止するため、めまいや失神が起こってしまいます。
ペースメーカーを体内に取り付けることで健康な人と変わらない生活ができるようになります。
いずれの場合も発作が落ち着いたら病院を受診し、どのようなタイプの不整脈かを診断してもらうことが必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

原因不明の不整脈は運動制限が治療になる
不整脈による動悸が気になる時の対処法
寿命と心臓の機能と不整脈
不整脈と自覚症状がなしの場合
不整脈を改善する運動について
不整脈の症状をチェックする
動悸、不整脈に効果的なツボ
不整脈によってふらつきやめまいがある場合の治療
不整脈の治療につぼ療法を取り入れてみましょう
不整脈で咳の症状が出る場合について
不整脈の治療方法のひとつ電気ショック
ストレスが溜まると不整脈が起きます、解消方法について
不整脈の予防と看護について
冷や汗などの不整脈の症状
幼児の不整脈の症状等について
不整脈は治る?
不整脈は何科にいけばいい?
PVCという不整脈の症状とは?
PACという不整脈になってしまう原因とは?
不整脈を治すには?
不整脈で心電図に異常なしなら正常?
不整脈で失神した時の対処方法
不整脈で吐き気の症状が出た時の対処方法
不整脈の1日の回数が多いのは危険?
不整脈の薬は授乳中でも使用できる?
不整脈の薬には点滴するタイプもある
不整脈はワソラン錠を用いる
動悸や不整脈の予防方法
むくみの症状は不整脈と関連がある?
不整脈の治療にかかる期間はどれくらい?
期外収縮による不整脈を予防する方法
不整脈に伴う頭痛や耳鳴り症状の改善方法