不整脈 予防 運動

不整脈予防のために適度な運動をしよう

スポンサーリンク

不整脈と聞くと心臓に異常があるのではないかとか、心疾患や脳疾患を起こすのではと心配になるでしょう。
健康診断の心電図で見つかったという方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、健康な方でも不整脈は起こりますし、そのうち7割以上は良性タイプの期外収縮というもので、生活習慣の乱れなどから起こってしまいます。
生活習慣の乱れは様々な病気の原因にもなりますから、しっかりと改善していって不正脈を始めとする症状を予防するのに効果的です。
特に現代人は生活習慣が乱れている方が多く、生活習慣病が取り沙汰されているように、健康な体を維持するためにはこれを見直すのが賢明です。
食事や運動、睡眠やストレスなど全てが健康と直結していますから、体の不調を感じていなくても改善していくのが大切です。

スポンサーリンク

また、現代人は便利な生活に慣れすぎていて、運動不足になっている方がたくさんいます。
適度な運動は血行を良くして体内の器官の働きを活発にしてくれますから、取り入れていくのが効果的です。
正常な心臓のリズムを刻むのにも有効で、不整脈の予防にもなります。
激しい筋肉トレーニングやスポーツのようなものではなく適度な運動で充分ですから、ウォーキングのような軽めの有酸素運動を取り入れていきましょう。
体に負担が軽く酸素を取り入れながら行えますから、健康維持に役立ちます。
また、時間としては30分程度が望ましいですが、普段体を動かしていない方にとっては30分でもきつく感じてしまいます。
短い時間からスタートして、30分くらいを目指せるように徐々に時間を伸ばしていきましょう。

スポンサーリンク