不整脈 改善 運動

不整脈を改善する運動について

スポンサーリンク

不整脈とは、心拍が異常に速くなったり遅くなったりする心臓の拍動の乱れのことを言います。
50歳以降の男性に多くみられる病気です。
しかし、運動することによって症状の改善が期待できることがわかってきた病気でもあります。

 

まず運動とは、病気の治療の基本と言えるものです。
これを行うだけで、不整脈をはじめとする様々な病気の改善が可能であると言われているほどです。

 

不整脈が起こる原因は、「生活習慣の乱れ」が大きく影響されます。
しかし、改善のためや運動不足解消のために行ったつもりが、かえって悪化させる場合もあり注意が必要です。
極度な負荷を心臓にかけるようなスポーツは、心臓が急激に拍動し不整脈の原因に繋がってしまいます。

スポンサーリンク

ですから、予防・改善に適した運動をしなければ効果は出ないのです。
スポーツといってもテニスなど、体に無理な負荷をかけるスポーツではなく、毎日の生活の中で無理せず、ちょっとした体ほぐし程度で十分です。
例を挙げると、毎日の通勤する際に、1駅分歩いてみたり、エレベーターを極力使わず、階段を使ってみるなどが挙げられます。
日常生活の中で、無理をせず自分の出来る範囲で続けれることが大切なのです。

 

いろいろある中でおすすめなのが「ウォーキング」になります。
行う時間は30分程度で、6000歩を目安に行うと良い具合に効果が期待できます。
これを週3回行うのがいいと言われています。

 

また、運動するだけではなく、日常のストレスや喫煙、過度のアルコール摂取も控えることが重要です。
そのほかにも、睡眠不足や過労の回復に努めることも大事になります。

 

ウォーキングすることによって、ストレス解消になる場合もあるので、自分にあったものを見つけることも大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

原因不明の不整脈は運動制限が治療になる
不整脈による動悸が気になる時の対処法
寿命と心臓の機能と不整脈
不整脈と自覚症状がなしの場合
不整脈の発作が起きたときの対処法について
不整脈の症状をチェックする
動悸、不整脈に効果的なツボ
不整脈によってふらつきやめまいがある場合の治療
不整脈の治療につぼ療法を取り入れてみましょう
不整脈で咳の症状が出る場合について
不整脈の治療方法のひとつ電気ショック
ストレスが溜まると不整脈が起きます、解消方法について
不整脈の予防と看護について
冷や汗などの不整脈の症状
幼児の不整脈の症状等について
不整脈は治る?
不整脈は何科にいけばいい?
PVCという不整脈の症状とは?
PACという不整脈になってしまう原因とは?
不整脈を治すには?
不整脈で心電図に異常なしなら正常?
不整脈で失神した時の対処方法
不整脈で吐き気の症状が出た時の対処方法
不整脈の1日の回数が多いのは危険?
不整脈の薬は授乳中でも使用できる?
不整脈の薬には点滴するタイプもある
不整脈はワソラン錠を用いる
動悸や不整脈の予防方法
むくみの症状は不整脈と関連がある?
不整脈の治療にかかる期間はどれくらい?
期外収縮による不整脈を予防する方法
不整脈に伴う頭痛や耳鳴り症状の改善方法