不整脈 頭痛 吐き気

不整脈や頭痛や吐き気の症状の原因や対策について

スポンサーリンク

脈が速いという不整脈や頭痛や吐き気の症状に見舞われたことがある人は多いのではないでしょうか。
これらの症状の原因は貧血である可能性があります。
貧血は、血中の赤血球の血色素であるヘモグロビンが減ることで起こります。
ヘモグロビンには酸素を運ぶ働きがあり、それが減ることで酸欠の状態に陥ってしまい、不整脈や頭痛や吐き気などの症状につながってしまうのです。
そのほかにも、めまいや動機や息切れや倦怠感などの症状もあります。
このように、実は不整脈と貧血が関連していることもあるのです。
貧血が起こる原因は、何らかの疾患による出血が続くこと、食生活の乱れによる栄養不足、生理による出血などがあります。
このような原因からつらい症状が出ている場合は、病院できちんと検査をして治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

病院での治療は、増血剤を用います。
点滴や注射で血管に直接投与するので内服薬に比べて即効性があり、つらい症状もあっという間に改善されて元気になるという人もたくさんいます。
増血剤がうまく作用しない場合は輸血を用いることもあります。
治療によりヘモグロビンが増えて症状が改善されますが、再発を防ぐためにはその後の食生活に気をつけるということも必要です。
野菜や果物などを食べてビタミンやミネラルを摂取すること、肉や魚や大豆製品や乳製品などを食べてタンパク質を摂取すること、ヘモグロビンを増やすための鉄分や葉酸やビタミンB12を摂取することを心がけましょう。
鉄分や葉酸やビタミンB12はレバーやカツオやマグロやイワシや牡蠣などに多く含まれていますので積極的に食生活に取り入れましょう。
サプリメントなどを活用して、貧血対策のための成分を取り入れて不整脈への対処を行うこともいいですが、やはり、普段の食生活を改善することによって、不整脈の症状を徐々に良くしていくことができれば何よりですね。
即効性という意味では、なかなか不整脈による頭痛や吐き気の症状を抑えることはできないかもしれませんが、長い目で見たときには、これらの対策が非常に大切になってきます。

スポンサーリンク