不整脈 症状 息苦しい

不整脈や息苦しいなどの症状の原因や対策について

スポンサーリンク

不整脈には様々な種類のものがあります。
波が1つおきや2つおきにあらわれる2段脈や3段脈、規則性がなく大きな乱れが見られる脈、脈拍が毎分60回未満の徐脈などがあります。
そして、脈拍が毎分100回以上の頻脈も不整脈の一種です。
緊張や怒りや興奮などにより精神が高ぶることで脈拍が速くなることもあるので、頻脈を経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。
そのような場合は、精神が落ち着けば自然と脈拍も正常に戻ります。
しかし、頻脈と同時に息苦しい、動悸がする、めまいがある、頭痛や吐き気がする、食欲がなく体がだるいなどの症状を伴う場合は注意が必要です。
それは、貧血が原因である可能性が高く、きちんとした対処をする必要があります。
貧血になると、血中の赤血球のヘモグロビンの数値が低下して酸欠状態に陥ってしまいます。
ヘモグロビンには酸素を運ぶ機能があるため数値が低下することによりその機能が低下してしまい、頻脈や息苦しいなどの症状につながってしまうのです。
貧血を改善させるためには、病院を受診して注射や点滴などで鉄剤を投与してもらうのが効果的です。

スポンサーリンク

即効性があるので頻脈や息苦しいなどの症状もあっという間に解消されます。
そして、貧血は食生活の乱れによる栄養不足も原因になるので、ヘモグロビンを増やす効果がある鉄分やビタミンB12やビタミンCや葉酸を積極的に食事に取り入れて摂取するということも重要になります。
貧血のほかにも不整脈には様々な原因がありますので、病院で定期的に検査を受けるということも心がけましょう。
確かに、健康には大きな影響が現れるような不整脈は少ないともいわれていますが、それでも全くないわけではなく、大きな病気に関係しているような不整脈の場合もあります。
それだけに、できるだけ早い段階で病院での診察を受け、本当に心配がいらないタイプの不整脈なのか、あるいはきちんと対処していかなければいけない不整脈なのかを判断していく必要があります。
特にも、息苦しいなどの症状も伴っているのであれば、なおさらその原因を突き止めたり、対策を取っていくうえで、病院での診察をしっかり受けるようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク