動悸 不整脈 対処

不整脈や動悸の症状の原因や対処法

スポンサーリンク

脈が速くなる不整脈や動悸の症状を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。
それはもしかすると貧血が原因かもしれません。
貧血と不整脈や動悸などの症状にはどのような関係があるのでしょうか?
貧血を起こすと血中の赤血球のヘモグロビンが減少します。
ヘモグロビンには酸素を運搬する機能があるので、それが減少することにより酸欠の状態になってしまいます。
そのため、不整脈や動悸の症状があらわれます。
そのほかにも、吐き気、頭痛、めまい、息切れ、食欲不振、倦怠感などの症状があらわれます。
貧血が起こる主な原因としては、偏った食生活により栄養が不足する、病気や怪我での出血、生理での出血などがあります。
普段の生活とも関係が深い部分もありますが、それだけに、日常的な対策がじゅうようであり、放置しないように意識することが大切になってきます。
そのまま放置すると症状がどんどん悪化してしまう可能性もありますので早めに病院を受診してきちんとした対処をする必要があります。

スポンサーリンク

病院で行う対処法としては、点滴や注射での鉄剤の投与です。
鉄剤がうまく作用せずに造血につながらない場合は輸血を行う場合もあります。
軽度の場合は鉄剤の内服薬で対処します。
ヘモグロビンが増加して貧血が改善されれば不整脈や動悸の症状も自然と解消されます。
貧血が改善されて症状がなくなったからといって油断せずに、再発予防に努めるということも重要です。
貧血予防のためには毎日の食生活に気をつけることが大切です。
栄養バランスを意識してビタミンやミネラルやタンパク質をきちんと摂取すること、ヘモグロビンを増加させる効果がある鉄分やビタミンCや葉酸やビタミンB12を積極的に摂取すること、1日3食規則正しく食事をとることを心がけましょう。
このように、生活習慣を改善していくことによって、不整脈の症状も改善されやすくなっていくので、日ごろから食生活にも配慮しておくようにしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク