不整脈 ストレス アルコール

不整脈はストレスやアルコールの過剰摂取で起きる事もあります

スポンサーリンク

心臓や血管等に異常が起きると不整脈が起きやすくなります。

 

 

不整脈については様々な理由から起こる事が多く、なかには危険を伴う症状がでる場合もあるため、その場合はすぐに病院で診療を受ける必要があります。
精密検査で異常が見つかれればすぐに治療が開始されます。
また危険な状態であれば入院する事になり手術を受ける事になります。

 

 

主にどのような病気が潜んでいるのかというと、不整脈には心室細動、心房細動、心筋梗塞、狭心症、房室ブロック等といった恐ろしい病気があります。

 

 

何もしてない状態なのに急にふらつきや目眩また急に意識がなくなり痙攣また失神してしまう時や突然動悸が始まり、体を動かすだけで息切れや目眩を起こしてしまうという症状が頻繁に起きている人は注意する必要があります。

スポンサーリンク

不整脈はストレスやタバコ・アルコールの過剰摂取によって、引き起こす場合もあります。

 

 

ストレスがかなり溜まっていると、自律神経やホルモンバランスも崩れ始め、過度な喫煙や過剰なアルコール摂取をしてしまう場合もあるため心臓にかなりの負荷をかけてしまう事があるため、その事から不整脈を起こす時もあるという事になります。

 

 

病院で精密検査を受け異常がなかった場合については、心療内科また精神科を受診して治療を受ける事になります。
医師からの生活指導をはじめ、問診、カウセリング、状況に応じて薬を処方される事もあります。

 

 

予防していくにはストレスを解消していく事が大事であり、タバコやアルコールを控えていくというのも必要となってきます。
規則正しい生活習慣を過ごすというも重要となります。

スポンサーリンク