不整脈 タバコ 酒

不整脈はタバコやお酒が原因の場合もあります

スポンサーリンク

不整脈は脈また心臓に異常が起きる事により発症し原因は様々あります。

 

 

症状によっては危険ではない場合と危険な場合もあるため、見極めていく事が必要となります。

 

 

どのような症状が出る場合は危険であるのかというと、何もしてない状態にも関わらず目眩やふらつきが起き、場合によっては失神や痙攣を起こしてしまったり、脈拍数が40回以下になり体を動かすと息切れや目眩が起きたり、突然動悸が始まる等の症状が頻繁的に起きる場合は大変危険であるため、病院を受診する必要があります。

 

 

病院で不整脈の精密検査を受ける場合はホルター心電図・心電図、運動負荷心電図、心臓エコー、胸部MRI、CT検査、血液検査等を受ける事になります。

 

 

異常が見つかった場合は治療が開始となり、場合よっては手術を行う事になります。

スポンサーリンク

不整脈を起こす原因のなかにはタバコやお酒も深く関わってきています。

 

 

タバコやお酒を過剰に摂取する事により、心臓にも負担がかかりまた血管に傷を付けてしまうため、動脈硬化が早まり高血圧となってしまい、怖い病気を引き起こしてしまうリスクが高まります。

 

 

不整脈を起こした場合、主にどのような病気があるのかというと狭心症や心筋梗塞、心筋症先天性疾患、心臓弁膜症、心室細動、心房細動、房室ブロック、心室頻拍等の病気があります。

 

 

そのため、不整脈を起こしやすい人についてはタバコやお酒は控えていく事が必要となります。
またストレスを溜めやすい人や不規則な生活習慣を送っている人についてはできるだけストレスを溜めないように心がけ、規則正しい生活習慣に戻していく事が重要となります。

スポンサーリンク