不整脈 症状 脈が飛ぶ

不整脈の症状で脈が飛ぶのは

スポンサーリンク

不整脈は心臓の電気系統の病気で、血管に異常が起こると狭心症や心筋梗塞になり、弁に異常が起こると心臓弁膜症または筋肉に起こると心筋症など様々です。
不整脈は電気の異常が起こる事によって様々な症状が表れる病気になります。
大きく分けると3つに分けられます。
一つに期外収縮、次に徐脈そして頻脈になります。
脈が飛ぶ症状には期外収縮によると考えられます。
この期外収縮を起こすと脈が飛ぶなどの結滞感や胸部の不快感または胸痛などの症状が表れます。
中でも結滞は最も頻度の高い期外収縮のことが多く、あまり心配のいらない不整脈になります。
期外収縮は心房から出る場合と心室から出る場合があります。
心房からの場合は正常な洞結節以外の予想しない場所から早いタイミング出る事で刺激され脈が飛ぶなどの症状が出ます。

スポンサーリンク

不整脈によって脈が飛ぶ場合は、心房性期外収縮の場合と心室性期外収縮の2つが考えられます。
中でも心室性期外収縮の場合は、心房性よりも危険であると言われています。
どうして脈を結滞と感じるかは、心臓が規則的に打っていると規則的に1泊おきに血圧が出ます。
一方で期外収縮によって早いタイミングで刺激が入ると、充分に心臓が拡張しないで心臓が収縮します。
すると血圧が低くなり脈を打つのが弱くなります。
その後に充満して強く脈を打つので次は血圧が高くなります。
その為に次の脈拍が強く感じます。
この症状はある程度年齢を重ねると良くある事です。
また疲れた時や寝不足などの時のほか、強いストレスを受けている時にも出ます。
一般的にはあまり心配のいらない不整脈になり治療を要さない場合が多いです。
危険なのは心室性の期外収縮の一部に限られます。
この判断は自分で行うのは難しいかもしれませんが、危険が伴う不整脈の場合には、動悸や息切れなどの症状も同時に現れてきます。
このように、不整脈以外の気になる症状が現れている場合には、やはり病院に行って検査を受けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク