不整脈 寿命 心臓

寿命と心臓の機能と不整脈

スポンサーリンク

高齢者の方で、心臓の機能が弱り、不整脈をおこす方も多いです。
あまりにも脈が飛ぶようであれば、ペースメーカーを入れる手術を受けるように医師から指示されるかもしれません。
しかし高齢者の方が手術を受けるのは大変なことです。
寿命がきたのかなと感じて、治療をためらう方もいらっしゃるはずです。
ペースメーカーは電池の入れ替えがあるため、数年後にはまた手術が必要となります。
数年後に手術することは可能なのだろうかといろいろ考えてしまうはずです。
ペースメーカーを入れずに自然と寿命を迎えるのがよいのかもしれないと考える方もいるかもしれません。
迷った時には、医師に相談するのもよいかもしれません。
死にたいか生きたいかの問題となります。
しかし最近は高齢者の方でも手術を行う方が多いです。
医療が高度に発達したことによって、平均寿命も長くなっています。

スポンサーリンク

これに伴って、老後の楽しみ方も多様性を増しており、きちんと手術を受けて治療をおこない、少しでも長く人生を楽しもうとする人が多くなることも当然のことと言えますし、そのように年齢を重ねても自己実現できるというのは非常に良いことです。
老いは残酷と言いますが、やはり、加齢にはかなわないこともあります。
体のあらゆる部分に機能低下がみられてきますが、心臓の機能も低下しやすくなってしまいます。
心臓の機能が低下し、不整脈をおこしている方が多いのかもしれません。
決断して治療を受けるのがよいかもしれません。
歩くことができず、あまり意識もないという方に手術を受けろというのは酷ですが、歩いて日常生活を過ごしておられるのなら、やはり治療を受けて、元気に毎日を過ごすことができるように治療を受けるのが一番よいです。
医師が治療に絶えることができる体力があると決断したのであれば、大丈夫です。
医師の決断に従って治療を受けるとよいです。
きっと楽しく毎日を過ごすことができるはずです。
なかなか決断がつかないかもしれませんが、頑張って治療を受けることを決意するとよいです。

スポンサーリンク

関連ページ

原因不明の不整脈は運動制限が治療になる
不整脈による動悸が気になる時の対処法
不整脈と自覚症状がなしの場合
不整脈の発作が起きたときの対処法について
不整脈を改善する運動について
不整脈の症状をチェックする
動悸、不整脈に効果的なツボ
不整脈によってふらつきやめまいがある場合の治療
不整脈の治療につぼ療法を取り入れてみましょう
不整脈で咳の症状が出る場合について
不整脈の治療方法のひとつ電気ショック
ストレスが溜まると不整脈が起きます、解消方法について
不整脈の予防と看護について
冷や汗などの不整脈の症状
幼児の不整脈の症状等について
不整脈は治る?
不整脈は何科にいけばいい?
PVCという不整脈の症状とは?
PACという不整脈になってしまう原因とは?
不整脈を治すには?
不整脈で心電図に異常なしなら正常?
不整脈で失神した時の対処方法
不整脈で吐き気の症状が出た時の対処方法
不整脈の1日の回数が多いのは危険?
不整脈の薬は授乳中でも使用できる?
不整脈の薬には点滴するタイプもある
不整脈はワソラン錠を用いる
動悸や不整脈の予防方法
むくみの症状は不整脈と関連がある?
不整脈の治療にかかる期間はどれくらい?
期外収縮による不整脈を予防する方法
不整脈に伴う頭痛や耳鳴り症状の改善方法