不整脈 pac 原因

PACという不整脈になってしまう原因とは?

スポンサーリンク

不整脈の一種にPACというものがあります。
PACとは心房期外収縮と呼ばれるものです。
これは、正常な状態における心臓の興奮のタイミングよりも早いタイミングで、心房や心房と心室がくっついているあたりから興奮が起こるもののことを言います。
不整脈は加齢とともに発症する確率が上がる場合もありますが、PACの場合には若い人であったり、それまで健康であった人であっても発症してしまう可能性のあるものになります。
その原因として考えられるものとしては、ストレスが多いことや、睡眠不足などといった生活習慣も考えられます。
また、やはり心疾患が原因となって発症している場合も考えられます。
例えばストレスと一言に行っても様々な原因が考えられますよね。
仕事や勉強など、やらなければいけないことがあることによるストレスも考えられますし、囲まれている環境の変化によって生じるストレスというものもあります。
人間関係が変化することによって起こるストレスというものもありますよね。

スポンサーリンク

このようなストレスにさらされている状況ですと、心が落ち着かずにドキドキとしてしまったり、汗をかいてしまうこともあると思います。
確かに心理的な要因によってドキドキしてしまうこともありますが、もしもこのPACという不整脈になってしまっているときには、この不整脈が原因となって心臓が本当にドキッとしてしまうこともあるのです。
PACによって、血圧が一時的に低下したり、逆に上昇してしまうこともあります。
この血圧が上昇したタイミングで一時だけ血流量が多くなるためにドキッとした感覚に襲われてしまうことがありますので、単にストレスでドキドキするというだけではなく、不整脈によるドキッとした感覚の可能性もありますので、違和感を感じたときには念のために病院に行って検査を受けるようにしましょう。
もちろん、原因であるストレスを少しでも軽減させたり、睡眠不足の状態を解消していくことも大切な対処方法になります。

スポンサーリンク

関連ページ

原因不明の不整脈は運動制限が治療になる
不整脈による動悸が気になる時の対処法
寿命と心臓の機能と不整脈
不整脈と自覚症状がなしの場合
不整脈の発作が起きたときの対処法について
不整脈を改善する運動について
不整脈の症状をチェックする
動悸、不整脈に効果的なツボ
不整脈によってふらつきやめまいがある場合の治療
不整脈の治療につぼ療法を取り入れてみましょう
不整脈で咳の症状が出る場合について
不整脈の治療方法のひとつ電気ショック
ストレスが溜まると不整脈が起きます、解消方法について
不整脈の予防と看護について
冷や汗などの不整脈の症状
幼児の不整脈の症状等について
不整脈は治る?
不整脈は何科にいけばいい?
PVCという不整脈の症状とは?
不整脈を治すには?
不整脈で心電図に異常なしなら正常?
不整脈で失神した時の対処方法
不整脈で吐き気の症状が出た時の対処方法
不整脈の1日の回数が多いのは危険?
不整脈の薬は授乳中でも使用できる?
不整脈の薬には点滴するタイプもある
不整脈はワソラン錠を用いる
動悸や不整脈の予防方法
むくみの症状は不整脈と関連がある?
不整脈の治療にかかる期間はどれくらい?
期外収縮による不整脈を予防する方法
不整脈に伴う頭痛や耳鳴り症状の改善方法