不整脈 薬 納豆

不整脈の薬を使っている時は納豆を食べちゃだめ?

スポンサーリンク

不整脈になってしまい、それを改善するための薬を使っているときには、納豆を食べてはいけないといわれることがあります。
納豆といえば、健康食品の代表格ですよね。
本当に、不整脈の時には納豆を食べてはいけないのでしょうか?
不整脈の薬を使っているときには納豆を食べてはいけないというのは、使っている薬の種類にもよるようです。
不整脈を改善していくときに使われる薬の一種に、ワーファリンというくすりがあります。
このワーファリンというのは、抗凝固薬と呼ばれるもので、血管の中で血液が固まってしまうのを抑える作用を持っています。
これによって、血液が凝固することによって起こる病気である、心筋梗塞や脳卒中などの治療に用いられたり、不整脈を改善していくときにも使用される場合があります。
このワーファリンですが、その働きにはビタミンKとの関係があります。
血液が固まるときに必要な成分としてビタミンKがあるのですが、ワーファリンはビタミンKの作用を阻害することによって、血液が固まるのを抑えているのです。

スポンサーリンク

これによって、上記のような病気の改善のために使用されるのですが、実は健康食品と呼ばれている納豆には、このビタミンKが豊富に含まれてしまっているのです。
ですので、ビタミンKを納豆でたくさん取り入れてしまうと、薬が納豆由来のビタミンKと作用してしまって、薬の効果が薄くなってしまうのです。このような事態を未然に防ぐために、不整脈の薬を使っているときには納豆を食べてはいけないといわれているのです。
したがって、不整脈の薬のうち、ワーファリンを使用しているときには納豆は食べないほうが良いといえるでしょう。
もちろん、ワーファリンなどの薬を使用していない時には、納豆を食べたからと言って即座に不整脈が悪化してしまうというわけではありません。
健康に良いとされている納豆ですし、日本人としては納豆が大好きな人も多いと思いますので、ワーファリンを使用していない時には、我慢せずに納豆を食べても良いでしょう。

スポンサーリンク