胸部不快感 結滞

結滞のときに胸部不快感が伴うことも?

スポンサーリンク

不整脈の症状の1つに、結滞というものがあります。
これは、脈が規則正しく打たずに、脈の感覚が同じにならず、脈が飛んでいる状態のことを言います。
これは、不整脈の中でも比較的多い症状で、期外収縮とも呼ばれています。
この結滞になってしまった時に、胸部不快感が症状として現れてくることがあるともいわれています。
また、胸部の不快感のほかにも、心臓の鼓動がドクドクと強く感じられる症状が伴うこともあります。
このような症状がみられるときには、念のために病院に行って精密な検査を受けたほうがいいでしょう。
特にも、すでにほかの病気などになっている場合には、注意が必要なこともあります。
例えば、生活習慣病になってしまっていたり、あるいは心臓病などを抱えているときには、特にも注意していたほうがいいでしょう。
気が付いた段階できちんと対処しておけば、大きな問題になってしまうことを防ぐこともできるかもしれません。

スポンサーリンク

とはいえ、すべての場合においてこの結滞の症状を心配しなければいけないというわけではありません。
脈が飛んでしまうような症状は、健康な人でも時折なってしまうことがあるものです。
ですので、脈が飛んでしまったからと言って、あまり悲観する必要はありません。
ただし、それでも不安に感じたときにはなるべく早めに病院に行って検査を受けておくとよいでしょう。
自分の気持ちを安心させるためにも、早い段階で検査を受けておくといいですね。
また、このような結滞の症状になってしまったり、胸部不快感が伴うような原因としては、加齢や睡眠不足、飲酒や喫煙などの普段の生活にかかわるようなものから、ストレスなどの精神的な要因が関係してくることもあります。
病気が原因でない場合は、ひとまずは安心できるかもしれませんが、このような生活習慣が、後々別の病気に発展してしまうこともないとは言えません。
今のうちに、普段の生活を見直して、病気になりにくい体を作っていくのも大切であると言えるでしょう。

スポンサーリンク