不整脈 薬 授乳

不整脈の薬は授乳中でも使用できる?

スポンサーリンク

不整脈の症状を改善していくための薬はいくつかありますが、これらの薬を使用するときに心配なこととして、授乳中のお母さんでも使用しても大丈夫なのかどうかということが挙げられます。
実際のところ、授乳中には不整脈の薬を使用してもいいのでしょうか?
やはり、不整脈の薬にはいくつか種類があるので、その種類ごとに、使ってもいいものなのかどうかを病院の先生に確認してから使いのが一番でしょう。
そのほうが安心で確実だといえるでしょう。
ここでは、授乳中でも使用できる不整脈の薬をいくつかはご紹介しておきたいと思います。
例えば、ジゴキシンという薬があります。
これは、狭心症や心房細動の対処のために使われることがある薬です。
こちらは、授乳中でも使用することができるといわれています。
また、同じく授乳中でも使用することができるものとして、リドカインという抗不整脈の薬があります。
このお薬は、心室に問題がある場合の不整脈に用いられることが多いお薬です。

スポンサーリンク

心室は心臓の下側の部分のことを指すのですが、こちらが正常に働くことができないために、頻脈を起こしてしまったり、小刻みに震えてしまってうまく血液を送れなくなってしまうことなどがありますが、こういった症状にリドカインは使われます。
逆に、使用しないほうが良いとされているお薬には、アテノロールが挙げられます。
これは、頻脈に対して用いられるお薬です。
心拍数が多くなってしまうと、血圧が上昇してしまう場合があります。
血圧が上がってしまった状態が続くと、脳卒中や心筋梗塞になってしまうリスクが非常に高くなってしまいますので、心拍数を正常な状態に下げることによって、血圧の上昇を抑えることが目的のお薬です。
しかし、このお薬を使用してしまうと、赤ちゃんの方に副作用が出てしまう場合があります。
ですので、授乳期間中はなるべく使用を避けたほうが良いでしょう。
このように、不整脈の薬によって使用できる場合とできない場合があります。
今回取り上げたのはほんの一例ですので、その都度病院の先生に相談してから、使用するかどうかを判断していった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

原因不明の不整脈は運動制限が治療になる
不整脈による動悸が気になる時の対処法
寿命と心臓の機能と不整脈
不整脈と自覚症状がなしの場合
不整脈の発作が起きたときの対処法について
不整脈を改善する運動について
不整脈の症状をチェックする
動悸、不整脈に効果的なツボ
不整脈によってふらつきやめまいがある場合の治療
不整脈の治療につぼ療法を取り入れてみましょう
不整脈で咳の症状が出る場合について
不整脈の治療方法のひとつ電気ショック
ストレスが溜まると不整脈が起きます、解消方法について
不整脈の予防と看護について
冷や汗などの不整脈の症状
幼児の不整脈の症状等について
不整脈は治る?
不整脈は何科にいけばいい?
PVCという不整脈の症状とは?
PACという不整脈になってしまう原因とは?
不整脈を治すには?
不整脈で心電図に異常なしなら正常?
不整脈で失神した時の対処方法
不整脈で吐き気の症状が出た時の対処方法
不整脈の1日の回数が多いのは危険?
不整脈の薬には点滴するタイプもある
不整脈はワソラン錠を用いる
動悸や不整脈の予防方法
むくみの症状は不整脈と関連がある?
不整脈の治療にかかる期間はどれくらい?
期外収縮による不整脈を予防する方法
不整脈に伴う頭痛や耳鳴り症状の改善方法