不整脈 症状 胸の痛み

胸の痛みの症状は不整脈かも

スポンサーリンク

日本における死亡原因の上位を占めているのが、悪性腫瘍です。
この死亡原因は数年以上に渡り上位となっています。
それ以下の原因についても日本の食生活の変化から変化は見られていません。
そのために心臓や血管、脳卒中などの病気によるものがここ数年の上位となっています。
心臓に関する事項は、その前兆として不整脈であることが多く見られています。
不整脈は、独特の症状が見られる病気であり、多くの異変が見られる病気でもあります。
心臓は正常であれば一定のリズムで鼓動を打っているのですが、この不整脈はリズムや拍動が一定ではなくなることが一般的に知られています。
また、拍動が一定ではなくとも心電図という検査により、知ることも出来ます。
ひどい場合には、突然死の原因ともなりうるので、注意が必要です。
それだけに、異常を感じたら心電図で検査を受けることも大切になってきます。

スポンサーリンク

不整脈による症状の一つに「胸の痛み」があります。
これは心臓発作の典型的な症状のひとつでもあります。
心臓の栄養血管である冠動脈が何らかの原因により、詰まったり、血管が痙攣を起こして血流の障害を起こすことでおこる症状です。
その他においても動悸や肩の痛み、胸の違和感、気持ち悪さなどいろいろな体の不調が現れます。
胸の痛みと動悸、めまいなどの異変が同時にあわられた場合には、特に注意が必要となります。
脈拍が速くなれば動悸として感じるので、それによる血栓を引き起こし脳卒中を併発することもあります。
このように、不整脈と心臓病には関連があることもあります。
心臓の異常による各種の異変をいち早く知ることで、重大な疾患を未然に防ぐことが出来るので、これらの異変を知っておくことは、重要です。
不整脈の中には、このような大きな病気に発展しないものもあります。
しかし、このように不整脈とほかに別の症状が現れているときには、そのような病気のリスクが潜んでいることもあるので、十分に注意が必要です。

スポンサーリンク